子供の硬いうんちをやわらかくする3つのステップ

子供の便秘もう何日も出ていない! 大丈夫!我が家はコレで解消できました。
MENU

世界に認められたオリゴ糖

子供のコロコロうんちを柔らかくし、便秘解消に役立ったアイテム
家族全員がお世話になってるオリゴ糖はコチラ

子供の便秘でお悩みの親御さんへ

浣腸しても出ない
バナナやヨーグルトを食べてもダメ
1週間も出ていない
うんちが出なくて嘔吐する

 

子供の便秘は見ている親もツライものですよね。
特に排便時の痛みを経験して習慣化されてしまうと、

 

排便時に痛い⇒うんちを我慢する⇒うんちがたまる⇒大きく硬くなる
⇒出にくくなる⇒痛い・・・

 

このような悪循環になりかねません!

 

我が家の子供も硬い便には何度も泣かされ、
トイレで泣く我が子に何もしてあげれないもどかしい思いを経験しました。

 

こんな辛い気持ちを子供にもうさせたくない!
そんな思いから子供の便秘のこと、根本的に便秘解消するにはどうしたらいいのか調べました。

 

当サイトは、便秘で苦しむお子さんを持つ親御さんに、
子供の便秘の原因や我が家の子供の便秘解消法の3ステップなどのお役立ち情報を公開しています。
便秘に苦しむお子さんとそのご家族に参考になれれば幸いです^^

 

子供の便秘の原因は大きくは3つ!

器質性便秘
腸や肛門、消火器などの病気のために起こる便秘。
先天的な場合や腸閉塞などの病気で発症するので、病院での治療が必要。

 

機能性便秘
幼少から胃腸が弱いなどの体質や生活習慣が原因で起こる便秘。
赤ちゃんや子供の便秘の多くはこの便秘。
また、この便秘は腸の動きが鈍くなったり、過敏になったりすることで引き起こされる。

 

赤ちゃんや子供の便秘は成長につれて良くなるのが一般的ですが、
まれに、便秘の慢性化によって悪化することで「便失禁」を発症することもあるので、
たかが便秘だと思わずに正しく対処しましょう。

 

一般的な便秘の解消方法

大人と同じような解消方法が一般的。

食物繊維を摂取する!

食物繊維が含まれてるものならとにかくなんでもいい!と思ってる方が多いと思いますが、それ、違うんです!
食物繊維には、

  • 水溶性(水に溶ける)食物繊維
  • 不溶性(水に溶けない)食物繊維

がありますが、不溶性だと便の量を増やす働きがあるので、
硬い便でなかなか出てこない場合に不溶性のものばかり摂取すると逆効果です!
⇒硬くて出ないのに便の量が増えるとより出ずらくなります。

 

水溶性食物繊維(水に溶ける)って?

  • ヌルヌルしていて保水性が高い。
  • 腸内の水分を吸収するので、便が固くなるのを予防してくれる。
  • 善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれる

多く含まれる食べ物
にんにく・納豆・里芋・わかめ・アボカド・にんじん・オクラ・なめこ

 

不溶性食物繊維(水に溶けない)って?

  • 水に溶けず、人の消化酵素ではほぼ消化されない。
  • 胃や腸で水分を吸収して便の量を増やすことで、腸壁を刺激して腸の動きを活発化させる。
  • 有害物質を吸着して外に出してくれる。

多く含まれる食べ物
ごぼう・しらたき・きくらげ・大豆・ひよこ豆・菜の花・たけのこ

 

食物繊維はバランスが大事

食物繊維を摂ってるのに便秘が解消されない
お腹が張って苦しい

 

という方は、不溶性の食物繊維ばかり摂っていませんか?
食物繊維はバランスが大事で、水溶性:不溶性=1:2が望ましいと言われていますので、
お子さんの食生活に意識して取り入れてみましょう^^

 

水分をこまめにとる!

子供は遊びに夢中になると水分を摂ることを忘れてしまいがちになるので、親後さんが声をかけてあげましょう。
一番いいのは「水」です。
お茶やジュースでは硬いうんちはなかなか柔らかくならないと私自身、肛門科の先生に言われました^^;

 

規則正しい生活をする!

夜遅くまで起きていませんか?
子供は早くて21時、遅くても22時には寝かせてしっかり睡眠をとらせましょう。
また、偏食もよくありません。食物繊維を含んだバランスのいい食事を意識して取り入れましょう。

 

適度な運動をする!

小さいお子さんだとよく動き回るのであまり当てはまりませんけど、
小学生になるとゲームに夢中で外で遊ばなくなる傾向があります。そういったお子さんには適度に運動させるよう親御さんが促してあげましょう。

 

我が家の子供の便秘はこの方法で解決できました!

子供の便秘解消方法ステップ1

とにかくうんちが硬くてコロコロしていた長男。
まずは、腸内にいる頑固なコロコロうんちを出してあげることが先決だと考え、市販のイチジク浣腸に挑戦してみました。
が、1回目は失敗。
子供にストレスにならないように、時間をおいて挑戦したら少し出ました。
これを1日に1回、3日くらい続けました。

浣腸のコツ
肛門付近にオリーブオイルをすこ〜し塗る⇒お湯で少し温める⇒⇒奥まで挿入⇒ゆっくり注入してできるだけ我慢させる。

浣腸しても出ない!という方は、上記の方法でもう一度挑戦してみてください。

また、浣腸は癖になると思ってる方がいますが、用法とよく守り、習慣化しなければ癖にはなりませんので安心してください。

よく、便秘の子供にヨーグルトを食べさせても出ない!と嘆く親御さんがいますが、
これはこれで間違ってはいないのですが、硬いうんちが腸内にいたままでも効果は期待できませんので注意してくださいね。

 

子供の便秘解消方法ステップ2

ステップ1と同平行で行ったのが、オリゴ糖の摂取です。
同じ悩みを抱えるママ友の間や、ネットでの口コミを参考にして選んだものを使っています。

 

オリゴ糖の役割
腸のクリーニングと腸内環境を改善してくれる。

腸内環境を整えることこそ、便秘の根本的な解消につながるので、
まずは、腸内を善玉菌であるビフィズス菌が多い状態にしようと思いました。
で、そのビフィズス菌を簡単に増やしてくれるのがオリゴ糖なんです。

 

でも、オリゴ糖っていろいろあってどれがいいのかわかりませんよね?

 

私が以前読んだ本「マイナス2歳からの子育て」では、純度の高いオリゴ糖の摂取を勧めています。
そこで、純度が高く子供が安心して摂れるオリゴ糖を探していきついたのがカイテキオリゴ

 

  • ほぼ純度100%なので赤ちゃんやお子様でも安心して使用出来る
  • 世界に認められた最高品質の商品
  • 高純度オリゴ糖 食品市場売上 日本第1位

また、ほんのりした甘さで味を壊さないので、飲み物だけでなく料理にも使える点に魅力を感じました。
実は家族全員がお世話になっています(笑)

 

ヨーグルトに混ぜたり
炊飯器に入れたり
煮物に入れたり
好きな飲み物に入れたり

 

サプリメントだとよく忘れることがありますけど、キッチンに置いておくと必ず目にするので忘れることもありません。

 

子供の便秘解消方法ステップ3

腸内環境を整えることも大事なことですが、やはりうんちの元となる食事もバランスを意識して取り組んでいます。
とはいっても、あまり気にしすぎるのもストレスになってしまうので、

 

肉や魚などのたんぱく質
野菜
乳製品

 

最低限、この3つを夕食に必ず取り入れるようにしています。
大きく分類してるので、これだとあまり悩まなくても大丈夫です。
ズボラな私でもできてます(笑)

 

その後の子供の便通事情

カイテキオリゴを使うようになってからは長男の硬いコロコロうんちは完全に解消できました!
また、その他の家族への効果はというと、

 

⇒もともと快調なので変化なし!
⇒妊娠中の便秘を発端にたまに便秘になることがあり、切れ痔も経験したことがありました^^;
今では、ちょっと緩くなってしまうことがあるので、不溶性の食物繊維を摂るように心がけています。
次男⇒ちょっと硬めのうんちでしたが、毎日ちょうどいい硬さの排便があります。
便秘薬を毎日飲んでた姑さん⇒私のススメでカイテキオリゴを摂取。試しに下剤をやめてみたところ飲まなくても出る体質になりました!

 

うちの子どもが自然な方法で便秘を改善できた方法
何をしてもダメなお子さんに一度は試してみてください!
>>カイテキオリゴの詳細

 

レンタルサーバー業者